ブラックジャック ルール・やり方を簡単解説!

この記事では、ブラックジャックルールの理解を深めたい人、遊び方や攻略法を知りたい人向けに、オンラインカジノ ブラックジャックのルール・やり方を詳しく解説しています。特に、以下の点について理解を深めたい方に必見の内容となっています。

 

 ◆基本的なブラックジャック ルール
 ◆ブラックジャックのゲームの流れ
 ◆ブラックジャックで使われるカードルールと用語について
 ◆ブラックジャック 遊び方と賭け方
 ◆ブラックジャックで使えるアクションのルールとコツ
 ◆ブラックジャックの配当
 ◆ブラックジャックで使える攻略法

 

基本的なルールやゲームの流れ、ブラックジャック 用語や実際の賭け方なども詳しく丁寧に説明していますので、是非ご参考にして下さい。

基本的なブラックジャック ルール【簡単】

ブラックジャックでは基本ルールでも簡単に触れたとおり、21に近い数字を持つ人が勝ちとなります。

例えば、ディーラーの手札が17で、プレイヤーの手札が21であれば、プレイヤーの勝ちということです。

ディーラーとプレイヤーの手札の数が同じ時には引き分けになる場合もあります。

1つ例外があるので覚えておくと良いのですが、ナチュラルブラックジャックが出た場合には、相手が21でも引き分けにならないケースも出てきます。

ナチュラルブラックジャックとは2枚のカードで21をそろえることを指し、この手札を持っている相手に対して、3枚以上で21をそろえても引き分けにはなりません。

ただし、お互いにナチュラルブラックジャックをそろえた場合には、引き分けになります。

そう多く発生するケースではありませんが、知識として頭に入れておきましょう。

ブラックジャックのゲームの流れ

ブラックジャックはディーラーとプレイヤー、それぞれにカードが配られ、その合計が21に近い方が勝ちというカジノゲームをです。

基本的なブラックジャックのゲームの流れを知ると、より理解できるはずなので、簡単にお伝えします。

  1. ディーラーとプレイヤーにそれぞれ2枚ずつカードが配られる
  2. 合計の数字を21に近づけるために、カードを追加する、追加しないを判断しながら進める
  3. カード追加の段階で21を超えてしまったプレイヤーはその時点で負け
  4. プレイヤーの番が終わったら、ディーラーが合計17を超えるまでカードを引き続ける

このようなシンプルな流れでゲームは進んでいくので、初心者でも何度か遊べば、遊び方はつかめるはずです。

ブラックジャックで使われるカードルールと用語について

ブラックジャックでは、トランプの数字を数える際にルール(bj ルール)が設定されています

覚えることは多くないので、サッと確認して頭に入れておきましょう。

ブラックジャックでのトランプカードの数え方

  • 2~9はカードに書かれた数字通りにカウント
  • 10とJ、Q、Kの4種類は10としてカウント
  • Aのカードは、手元の状態にあわせて1か11の使いやすい方でカウント
  • ジョーカーは利用しない

トランプ ブラックジャック ルール 初心者でも、この3つのブラックジャック トランプ やり方(数え方)だけ覚えておけば、ブラックジャックを問題なくプレイできます。

最初はサッと思い出せないかもしれないので、手元にメモを置いておくのも良いでしょう。

ブラックジャック ディーラー ルール

ブラックジャックの魅力の一つ、それはディーラーが合計が17になるまでカードを引き続けるディーラーのルールですね!

さて、バーストを除けば、ディーラーの手は以下の5つの数字になります!

  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21 (ブラックジャック)

絵札は全て10として数えるルールがあるので、絵札を引くワクワクする瞬間がたくさん!

そして、ディーラーのスタートが15以上だったら、彼らがバーストする確率は50%以上にもなります!

手元に良いカードがあれば、ダブルダウンのタイミングかも!?以上がブラックジャックでのディーラーのルールになります!

ブラックジャック 用語集!これを知っていれば大丈夫!

以下の表で、ブラックジャックをプレイする上で知っておきたいブラックジャック 用語集をまとめました!

用語 内容
ヒット ブラックジャックで「ヒット」とは、カードを1枚追加することを指します。
スタンド スタンドとは、カードを追加しないことを指します。簡単に言うと、現在の数字のままディーラーに挑むことになります。自分のほうが21に近いと確信があるときに使います。
スプリット 最初に受け取った2枚のカードが同じだったら、それを2つの手に分割可能なことをスプリットと言います。分割した手にも、初めの賭け額と同じベットが必要になります。
ダブル・ダウン 次のターンでの勝利が期待できると感じたら、ベット額を2倍にして、1枚のカードのみを追加できるルールをダブルダウンといいます。
インシュランス

インシュランスとは、ディーラーの最初のカードが「A」の場合、選択可能。ベットの半額を賭け、ディーラーがブラックジャックであれば、ベット額が返されます。

サレンダー サレンダーとは日本語で「降参」を意味しますが、手元のカードが不利で勝てそうにない場合、賭け金の半額を支払い、ゲームを終了することができます。
バースト カードの総計が22以上になってしまうことを指します。
ブラックジャック(BJ) 初めに渡されたカードがA(エース)と10のカード、または絵札(J、Q、K)のペアで、合計が「21」になることを指します。

ブラックジャック 遊び方と賭け方

ブラックジャックはどのように賭けて遊べば良いのか?

ブラックジャック 遊び方と掛け方を分かりやすく順番にお伝えします。

  1. ブラックジャックテーブルの空いている席を確保する
  2. 最低ベット額以上の金額を賭ける
  3. 状況によって、インシュランス、ダブルダウンで賭け金を調整する

大まかにはこのような流れで賭けてプレイすることになります。

ブラックジャックをプレイする際に追加で賭け金を増やしたり、調整するのはどのような場面か?

次の「ブラックジャックで使えるアクションのルール」で詳しく解説します。

ブラックジャックで使えるアクションのルールとコツを徹底解説!

ここでは、上記で簡単に説明したブラックジャックで使えるアクションのルールとブラックジャック コツを詳しく説明します!

ダブルダウンの使い方と例!

ブラックジャック ダブルダウンは、手札を確認した後で賭け金を2倍にするアクションを指します。ディーラーのカードが自分より不利で、プレイヤーが自分の手札に確信がある場合に、ダブルダウンを選択すると良いでしょう!

例えば、自分の手札の合計が「11」だったら、次に来るカードが「10・J・Q・K」のいずれかだと「21」になる確率が高いため、ダブルダウンする好機と言えるでしょう!ダブルダウンをする際には、次に来るカードで「絶対バーストしない」状況のみで行うことを心掛けましょう。

例えば、手札の合計がすでに12の場合など、ダブルダウンは避けたほうが賢明でしょう!

インシュアランスの使い方と例!

このインシュアランス(またはイーブンマネー)は、ディーラーの最初のカードが「A」の際、ベットの半額を追加して支払うことで、ディーラーがブラックジャックになると賭け金が全て返ってくるという独特なルールです。

例えば、10ドルを賭けた状況で、ディーラーのカードがブラックジャックの可能性があるときに、5ドルを追加でインシュランス(イーブンマネー)として支払ったとします。

ディーラーがブラックジャックになり、インシュランスが当たれば、5ドルのインシュアランスで10ドルの報酬を受け取れます。厳密に言うと、5ドルの保険料を支払い、合計で15ドルが返されることになります(初めの10ドルベットは失われ、5ドルの保険料も引かれますが、15ドルが返されるため損益はゼロです)。

しかし、ディーラーがブラックジャックでなければ、5ドルのインシュアランスは没収され、10ドルのベットでゲームが続きます。

スプリットの使い方と例!

スプリットのルールにより、プレイヤーが受け取った2枚のカードが同じであれば、それらを2つの別々の手に分割して、各手にベットすることができます。このアクションを実施するためには、初回のベットと同じ金額を分けた方の手にも賭ける必要があります。

たとえば、初めにA(エース)2枚が手元に来たとき、それをスプリットして2つの手にすると、次に「10・J・Q・K」のカードのどれかを引くと「21」を形成することができ、勝つ可能性が増します!ぜひお試しを!

サレンダーの使い方と例!

サレンダーをは、手札を見て、勝算が低いと感じたら、掛け金の50%を支払い、ゲームを終了することができます!

たとえば、プレイヤーの手札が「15」の合計で、ディーラーが「10」のカードを公開しているとき、次のカードが「6」より大きいとバーストのリスクが高まる、という不利な場合に使います!

スイッチの使い方と例!

このスイッチを利用すると、プレイヤーは2つの手札を持ち、カードを最も有益な組み合わせに交換することができます。

例として、一方の手に「10」、もう一方の手に「A」があった場合、これを交換することでブラックジャックの役を作ることができます。

通常のゲームでの勝利時の報酬は賭け金の1倍ですが、手札がブラックジャックの場合、報酬は1.5倍となります。

(例:200ドルをベットしてブラックジャックで勝利した場合、配当が300ドル、元の200ドルが返され、合わせて500ドルを手に入れることができます。)

ブラックジャックの配当

ゲームの勝敗 配当金の詳細
勝った場合 賭け金の2倍
負けた場合 全額没収
引き分けの場合 賭け金が戻ってくる
ナチュラルブラックジャックで買った場合 賭け金の2.5倍
インシュランス成功 賭け金が戻ってくる
サレンダーした場合 賭け金の半分が戻ってくる

以上、それぞれの場合で戻ってくる賞金の倍率、賭け金の倍率が細かく設定されています。

慣れないうちは分かりづらい部分もあるはずなので、表を確認しながらゲームを行うのも良いでしょう。

全体を確認してもらうと分かるとおり、オンラインスロットなどのカジノゲームと比べると大きな配当は狙いにくくなっています。

ただし、ハイローラー向けのテーブルで1度に大きな金額を賭ければ、配当も大きくなるので高額賞金狙いの場合には賭け金の大きなテーブルを選ぶのも一つの手です。

ブラックジャックで使える攻略法

ブラックジャックは、カジノゲームの中で数少ない攻略法のあるゲームです。

攻略法はかなりの数存在していますが、その中から初心者でも実践しやすい攻略法として、2種類の方法をご紹介しておきます。詳しくは上記のページを御覧ください!

この攻略法は、様々なブラックジャックで使えますので、オンラインカジノ ブラックジャック 種類の記事で記載されているブラックジャックも併せて確認しておきましょう。

ブラック ジャック ルール ジョーカーの使い道は?

実はブラックジャックでは、ジョーカーを使いません。ジョーカー以外にカードを配り、ゲームが開始されます。

ブラックジャックのルールについてよくある質問

  • Q1. ブラックジャックのルールは簡単ですか?

    A1. ブラックジャックのルールはシンプルで簡単です。

    基本的には手元に配られたカードの数を21に近づけていき、ディーラーに勝つことが目的のゲームです。

  • Q2. ブラックジャックのルールではエースはどうなりますか?

    A2. 手元に配られたカードの状況により、「1」か「11」の使いやすい方の数としてカウントします。

  • Q3. ブラックジャックのルールでスプリットとは何ですか?

    A3. 手元に同じ数字のカードが配られた時に、二組の手札として分けてプレイすることができるシステムです。

    その分、賭け金は2倍かかりますが、勝てる可能性も高まるので活用しない手はありません。