ギャンブル大国と呼ばれた国、日本の今を紹介します!

 日本はギャンブルとは縁が深く、古くから民衆の間で賭け事が楽しまれてきた国です。 

時代劇の半丁のシーン、みなさんも一度は見た事がありませんか?

大都会でも田舎の地方の方でも、街にでればすぐにパチンコ屋さんを見つけることができます。

The sohoチームのギャンブル大好き外国人スタッフたちに聞けば、日本のパチンコやパチスロは日本に旅行に来る、大きな理由のひとつだったりします。

日本には海外にあるようなゴージャスなカジノはありませんでしたが、IR法案、通称カジノ法案が成立した今、テレビのニュースでも『カジノ』というワードを随分耳にすることが多くなったと感じています。

みなさんは大阪のカジノ計画に賛成ですか?それとも反対?

私は大のカジノ好きなので、1日も早く日本にもカジノが実現すればいいなと、日々最新ニュースを追いかけています。

しかし、ニュースでも問題となっているように、ギャンブルや賭博という言葉を聞くと、どうしてもマイナスイメージを持つ反対派が一定数いるのではないでしょうか?

私自身もオンラインカジノにどっぷり精通するまでその1人でした。

しかし、健全にうまく付き合えばギャンブルは魅力に溢れています。

実際にギャンブルを趣味とする愛好家は、日本をはじめとし世界中にたくさん溢れています。

今回この記事ではそんなギャンブルと日本の関係性について詳しく解説していきたいと思います。

今月のおすすめオンラインカジノTOP10

主要ボーナス
主なボーナス
最大$1000
評価 4.9/5
主なボーナス
最大150ユーロ + フリースピン150回分
評価 4.9/5
主なボーナス
最大395,000円
評価 4.9/5
主なボーナス
最大1,000ドル
評価 4.6/5
主なボーナス
最大888ドル
評価 4.6/5
主なボーナス
最大100,000円 + フリースピン100回分
評価 4.6/5
主なボーナス
最大5BTC
評価 4.6/5
主なボーナス
提供なし
評価 4.6/5
主なボーナス
最大2,000ドル
評価 4.5/5
主なボーナス
最大3,000ドル
評価 4.4/5
すべてのオンラインカジノ一覧を見る

そもそもギャンブルとは?

世の中には色んな種類のギャンブルがあります。みなさんはその定義について聞かれると、パッとすぐ明確に答えられますか?

 ギャンブル、賭博とは「事前に決められた細かいルールに従い、金品、権利などを賭けて勝負を行い、その結果によって勝ったものは金品、権利を獲得し、負けたものは金品、権利を失うという勝負やゲームの総称です。」 

勝負事、博打、賭事、博奕やなどとも呼ばれますが近年は英語を元にした『ギャンブル』と呼ばれることが多い傾向にあります。

合法なものから、ニュースで聞いた事のある闇カジノ、野球賭博など非合法なものまでありますが、定義から言えば何かを賭けてじゃんけんをするのも実はギャンブルの一部。

古くから私たちの生活の身近にあり楽しまれてきたギャンブル。

その種類はとても多種多様です。

日本でできるギャンブルの種類

ランドカジノこそ今はまだありませんが、日本で楽しまれているギャンブルは結構たくさんあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

パチンコとパチスロ

ギャンブル的要素を持ちながらも、日本人にお馴染みのパチンコ、パチスロ。

一番身近なギャンブルと言えるのではないでしょうか。

都市部や地方どこでも見つけることができ、昔から庶民の娯楽として楽しまれていますが、

 なんとこのパチンコ産業は、マカオにあるカジノを上回る売上をあげている一大産業なのです。 

宝くじ

実は宝くじもギャンブルの一種ということをご存知でしたか?

「パチンコはやったことないけど、宝くじは必ず毎年買う。」という人も多く、比較的クリーンなイメージです。

全財産をつぎ込んだり、借金してまで宝くじにはまっているというのをあまり聞かないのが健全なイメージに繋がっているのかもしれません。

 しかし、実際に当たる確率はものすごく低い仕組みです。攻略法などがほとんどなく、まさに運のみ。 

宝くじを買っているほとんどの人が損をしているのです。

そういったことを改めて考えると立派なギャンブルと言えます。

競馬

昔ながらのギャンブルといえば?と質問すると、すぐに名前があげられるひとつが競馬。

日本ではギャンブルのイメージが強い競馬ですが、イギリス、オーストラリア、アイルランドなど、海外の国では高貴な貴婦人や紳士がオシャレに着飾って出かける社交場であり、上流階級の為の競技とされています。

イギリスのロイヤルアスコットのロイヤルファミリーのファッションチェック、ご覧になったことありませんか?

オシャレに着飾ってないと入場することさえできないのです。

日本では、競馬はおじさんが行くもの。

野次にタバコ、競馬新聞というイメージがありましたが、 近年はJRAも女性ファン向けのウェブサイトを提供するなど、女性ファンもたくさん増え、競馬場では家族連れなどもよく見かけるようになりました。 

競馬場自体もテーマパーク化しているようなところもあり、馬券=入場料といった感覚に近く、より健全なイメージがついてきたように感じます。

競輪

競輪とは、バンク上を自転車によるレースの順位を当てる公営のギャンブルです。

競輪選手などのイメージからスポーツの要素が大きい気がしますが、これも立派なギャンブルです。

 トップクラスの選手にもなると最大スピードは時速70kmにもなり、競輪ファンを魅了しています。 

競艇(ボートレース)

競艇とは、6艇のボートによるレースの順位を当てる公営のギャンブルです。

 競馬、競輪などに比べて6艇と出走数が少ないので的中率が高いと言われれています。 

年中無休、毎日開催されており、ネットから投票可能なのも人気の理由です。

元々は海外のボートレースでしたが、日本で独自に発展してきた競技で、1952年から始まり約70年続いています。

競艇ファンの中には全国の競艇場をまわっている人も多くいます。

競艇グルメツアーなんてものも、あるのだとか。

オートレース

オートレースとは、基本8台のオートバイでレースをし順位を当てる公営によるギャンブルです。

元SMAPの森さんがオートレーサーとして活躍しているのも有名ですよね。

 迫力のスピードと大きな爆音による緊迫した雰囲気でオートレースファンを魅了しています。 

オンラインカジノ

日本でも近年とても人気がでてきたオンラインカジノ。

カジノ初心者にとっては実際に海外に行き、外国語で外国人たちとプレイを始めるのはなかなか難しいことです。

 少額からでも気軽に賭けることができ、自宅にいながら簡単に楽しめるというのが最大の魅力ではないでしょうか。 

あとはなんと言ってもゲームの種類がすごい!

上記のようなボーナスが充実しているので、プレイする前に情報を必ずチェックしましょう!

スロット

図柄を揃えて賞金を得るビデオスロット

昔ながらの3レールスロットから最新のテクノロジーを駆使した5レールスロットなどオンラインカジノでは実に多くの種類のビデオスロットがあります。

 オンラインカジノのスロットはライン数が多いので従来のような横一列だけでなく、種類によってペイラインが違うのも魅力です。 

ルールも比較的簡単なので初心者でも気軽に始められます。

カジノゲーム

カードやサイコロを使うことが多いのがテーブルゲーム。

上記のようなゲームがとくに有名ですよね。

 海外のカジノでプレイするには勇気が必要なテーブルゲームですが、オンラインカジノだと気軽に始めることができます。 

海外でも常に人気があります。

スポーツベッティング

まだ日本ではあまり聞き慣れませんが、スポーツベッティングとは海外でとてもメジャーなギャンブルの一種です。

サッカー、野球はもちろん全てのスポーツが対象です。

 日本のサッカーくじのTOTOがイメージに近いです。 

世界中で盛りあっがているスポーツベッティングは、インターネット環境があれば日本からでも参加できるようになっています。

上記のようなサイトでスポーツベットが楽しめます。

ただの観戦だけでなく、賭けたチームの観戦により熱が入りますよね。

日本のギャンブルは合法なの?

気になるのがこれらのギャンブルは日本では合法なのか、それとも違法なのかというところ。

 実は、日本で正式に合法として認められているのは競馬、競輪、競艇、オートレースなどの公営ギャンブルのみ。 

え?パチンコ屋は違法なの?と思いますよね。

パチンコ屋には法律をくぐり抜ける3点方式と呼ばれているカラクリがあって、パチンコ店と客の間では換金が出来ない仕組みを作っています。

日本の賭博罪の法をうまくすり抜け、ゲームセンターと同じように風営法によって営業しているのです。

では、オンラインカジノやスポーツベッティングは違法なのか?

 現時点での日本の法律には、参加するオンラインカジノが日本国外でライセンスを取得し、合法的に運営されているカジノサイト、ブックメーカーであればそれを検挙する法はありません。 

海外の企業が運営しているオンラインカジノサイトは、合法的にきちんとその国の政府による営業許可ライセンスを取得して運営しています。

日本の現在の法律では、口出しができないようになっているのが現状なのです。

ですが、参加するオンラインカジノが、日本に所在するサーバーにより運営されている場合は完全に違法です。

日本国内で運営されているカジノサイトは摘発対象なので、絶対に参加しないようにしてください。

わたしたちがオススメしているオンラインカジノは全て海外で合法的に運営されているものだけです。

もし今後、法整備などによって日本のオンラインカジノ事情が変わった場合も、The sohoではいち早くお伝えしていきますので、引き続きチェックしてください。

ギャンブルで勝った賞金に税金はかかる?

 宝くじを除く、競馬、競輪、カジノなどで得た賞金は一時所得となり税金がかかります。 

ですが、この一時所得には50万円の控除枠があるので、簡単にいうと50万円までの賞金は非課税となり税金がかかりません。

賞金は一時所得となり50万円以上の場合所得税がかかるのですが、負けた分の金額は経費とはなりませんので注意して下さい。

ラスベガスやマカオなどの海外のランドカジノで得た賞金については、現地の税法が適用されます。

賞金を日本に持ち帰った場合、そのまま現地の通貨で持っていれば税金はかからないのですが、日本円に換金した年の確定申告で日本の税務署への申告も必要になりますのでご注意ください。

その際には、先ほどお話した「50万円の控除額」と、現地で税を支払っている場合、「外国税額控除」も適用されます。

せっかく手にした賞金なので、損をしないようにあらかじめチェックすることをオススメします。

カジノ管理委員会について

カジノ管理委員会(略称JCRC)て聞いたことありますか?

これから進んでいく IR事業によるカジノの運営においての安全の確保や、秩序を維持するために、2020年(令和2年)に設置されたばかりの新しい行政機関です。 

  1. カジノ事業の免許審査
  2. カジノ事業の監督
  3. カジノに設置する機器の技術面での監督
  4. ギャンブル依存症の防止対策
  5. 外国の規制当局との連携や国際対応

などの、日本のカジノを安心して楽しむことができる環境を、主な役割としています。

まだ出来たばかりの機関なので、大きく取り上げられてはいませんが、日本のカジノ実現に向けて注目されている機関です。

カジノ法案成立で日本にカジノはいつ実現する?

IR法案通称カジノ法案が成立しましたが、実際のカジノオープンに向けての課題はまだまだ山積みなのが現状。

オリンピック自体延期になってしまったのですが、当初はオリンピックに合わせ2020年を目指していました。

法の整備などに、予定より時間がかかり不可能でしたが、私を含むカジノファンにとってオープン時期はとても気になるところ。

 法の整備や候補地の最終決定が2022年頃になり、インフラ整備やIRの事業者の決定なども順調にすすんだとして、カジノが実際にオープンできるのは、早くても2025年になるのではないかと言われています。 

個人的には、どの企業が参入するのかも気になるところです。

MGM?サンズ?メルコ?

MGMが有力視されていますが、最終的にどうなるのか目が離せません。

「2025年の万博に合わせ実現を」など最有力候補地の大阪はじめ、2024年には実現したいと考えている自治体も多くいるので、今後の政府の対応に大注目です。

また、カジノ法案の成立でオンラインカジノが規制されるという噂がありましたが、今のカジノ法案は日本国内のランドカジノに対するものなので、国外で運営されているオンラインカジノに参加することによって規制される法は、今のところありません。

暴力団とギャンブルとの関係は?

 現在の日本の合法に行われている公営ギャンブルにおいて、暴力団をはじめとする反社会的勢力との繋がりはないと言われています。 

ですが、闇カジノ(裏カジノ)や野球賭博などの非合法とされている違法賭博においては、暴力団をはじめとする反社会的勢力の介入があり資金源となっていることは、未だ社会問題とされています。

ギャンブルで勝利する方法

ギャンブルをする人のほとんどが勝ちたいと思っています。

もちろん負ける確率の方が高いから運営側がもうかっているのですが、どういったことが勝ち負けに影響してくるのか?

私は大きく3種類あると考えていますのでそれぞれ詳しく見ていきましょう。

信じるものは救われる?

あなたは神を信じますか?

怪しい宗教の勧誘みたいな言い方になってしまいましたが、例えば神頼みや験担ぎなどみなさんがギャンブルをする前にしていることはありますか?

私の場合は完全に験担ぎですが、プレイ前に布団をきれいに整えることをしています。

効果があるのかは分かりませんが、運があがったような気がするので欠かさずしています。

ギャンブルは運任せなのでしょうか。

ビギナーズラックという言葉を聞いたことがあるように、ギャンブルと運は切っても切れない関係なのは確かです。

 運だけは自分でコントロール出来るものではないので、こればっかりは神のみぞ知るなのですが、運だけに頼らずもっと勝ちに近づく方法はいくつかあります。 

ギャンブルに精神状態は影響する

そんなはずないだろうと思いましたか?

実はギャンブルで遊ぶときの精神状態は、その結果に大きく影響します。

例えばお酒を飲んで酔って判断力に欠けていたり、負けたあとに負けた分を取り返そうと意地になっている、または大勝ちしてその興奮が

忘れられず無茶な賭け方をしているなど、賭けている時のみなさんの心理状況によっては、落ち着いた精神状態のときより負けやすい傾向にあります。
 ギャンブルで勝つ為には、その時の自分の感情に流されない強いメンタルが必須といえます。 

簡単には言えるものの、メンタルを強くするのって正直難しいですよね。

落ち着いてギャンブルを楽しむ為にも、遊ぶ時間のリミットを儲ける、使える限度額を決めておくなど、自分であらかじめルールを作っておくことはとても有効です。

個人的に一番大事にしているのは、引き際を知る。

負けず嫌いには難しいですが、ダメな時はいくら賭けてもダメなんです。

 そんな時には、きっぱり辞めるタイミングを自分なりに知ることも大事です。 

ルールや戦略などゲームについてもっと深く知る

競馬、パチンコ、カジノなど全てのギャンブルにいえる事ですが、勝つ為にはもっと深く、よく知ることです。

全てのギャンブルは情報収集が最も大切です。

例えばペイアウト率(還元率)だけで見てもこんなに違います。

パチンコ 80%~85%
公営ギャンブル 70%~80%
宝くじ 45%~35%
ランドカジノ 98%前後
オンラインカジノ 95%前後

知らずに始めるのと、知って始めるのでは大違いだと思いませんか?

運だけで大勝ちできるのもギャンブルのおもしろさですが、競馬などでは馬についてや騎手について知ることが欠かせないですし、パチンコ、カジノなどにおいてはルールや戦略をよく知ることが勝つ為には必須です。

 全くの無知なビギナーより、情報をたくさん知っている経験者の方が何倍も勝つ確率は高いのです。 

ギャンブル依存症

 このギャンブル依存症とは、貧困や人間関係や個人の社会生活が崩壊するようなことが起こり、ギャンブルを辞めたくても辞めれない病気です。 

性格や意思の弱さは全く関係性がない脳の機能不全によるものであり、日本のランドカジノの実現に向けても、大きく議論されている問題です。

海外でも、社会問題となっています。

実際マカオのカジノに遊びにいったときも、現地でカジノ依存症が問題になっているのを目の当たりにしました。

ギャンブルだけには止まりませんが、ギャンブルをはじめ嗜好品には依存症がつきもので、実際ギャンブルをはじめる際にはリスクとして知っておく必要があると思っています。

日本人のギャンブル依存

日本人も例外ではありません。

 調査によると、パチンコ、パチスロに使った金額が最も多く対策が必要とされています。 

厚生労働省の発表では、2017年だけでもギャンブル依存症の治療を受けた患者数は、3499人にもなり、ギャンブル依存症が疑われる人数は日本国内だけで、約320万人にもなると推計がでています。

この数字が間違いでなければ世界的にみても多く、今後も対策が気になるところです。

ギャンブル依存症と戦う組織

 本人が参加するミーティングはもちろん、家族や恋人などが依存症になってしまったひとを助ける自助グループ、気軽に相談できる保険福祉センターやNPO法人、プログラムにより回復を目指す回復支援施設などがあります。 

ならないように楽しく遊べるのが一番ですが、万が一なってしまっても回復することはできます。

もし自分や自分の大切なひとが悩んでいるなら、まずは相談してみましょう。

ギャンブル依存症にならないために

ギャンブル依存症にならないようにするための対策はいくつかあります。

  • 負けても生活に支障のない予算以上に賭けない
  • 費やす時間を制限する
  • 夢中になってまわりとの関わりを閉ざさない

3つの対策例を紹介しますので、ハマりすぎてしまいそうな方は確認してみてください。

負けても生活に支障のない予算以上に賭けない

ギャンブル依存症の多くのひとは、生活に必要なお金も全てギャンブルにつぎ込んでしまいます。

ギャンブルで勝ったお金も次の賭けに使おうと考えるひとが多く、最後には自分の使えるお金では足りず借金までしてしまいます。

ギャンブルは、あくまでも娯楽の一部。

 勝っても負けても楽しく遊べるように、自分の生活になんの支障もない使ってもいい予算をあらかじめ決め、それ以上は費やさないのが大切です。 

費やす時間を制限する

お金と同様、費やす時間に関しても自分なりのルールや制限を決めましょう。

競馬なら週1回、パチンコなら休日の午後だけなど、 ルールを決めておくことで時間を忘れて、のめり込むことは防げます。 

夢中になってまわりとの関わりを閉ざさない

ギャンブルに夢中になるとギャンブルにいくことを隠したり、大事なお金をつぎ込んでしまったり、嘘をついて使えるお金を手に入れるなど、家族や恋人などまわりの人たちも巻き込んでしまいます。

 大切な人たちを傷つけてしまう前に、ギャンブルがメインの生活にならない為にも、社会との関わりを閉ざさないようにしましょう。 

ギャンブルについてよくある質問

  • Q1. The sohoがオススメするギャンブルはなんですか?

    A1. The sohoでは、あらゆるギャンブルの中で最も還元率が良いオンラインカジノを紹介しています。The sohoでオススメしているオンラインカジノは全て海外でライセンスを取得し合法に運営しているカジノだけなので、安心して遊べます。

  • Q2. ギャンブルで賞金を得るのは簡単ですか?

    A2. 正直なところギャンブルで勝つのは運がつきものです。
    簡単に誰でも勝てないからこそできるエキサイティングな経験が、ギャンブルの最大の魅力だと思っています。ですが運だけに頼らず、勝率を上げる方法はたくさんあります。

  • Q3. ギャンブルで勝つにはどんな事をするのがベストですか?

    A3. ギャンブルで勝つには運が大きいとされていますが、完全な運ではなく、戦略やテクニック、情報収集の実力で勝率がグッと大きくなります。
    ルールも戦略もあまりわからず始めるビギナーよりも、しっかり情報収集してからのぞむと、多少運が悪くても大負けすることはなくなるでしょう。

  • Q4. 勝負に勝つアドバイスはもらえますか?

    A4. もちろんです!せっかく遊ぶなら、きちんと勝っていただくのが私たちの喜びです。
    The sohoでは、オンラインカジノをオススメしており、カジノではメジャーなスロットから奥が深いとされるポーカーなど各ゲームのルール、効率的な戦略まで勝負に勝つ為のツールが盛りだくさんです。