超攻撃型グランマーチンゲール法のメリット・デメリットとは?

グランマーチンゲール法は「勝負に敗北したらベット額を前回の2倍+1単位の賭け金にして再び勝負を行う」という攻略法

マーチンゲール法と同じような手法ですが、1ゲーム目のベット額を上乗せするため連敗した際のベット額上昇の速度はマーチンゲール法よりも上です。

ただし、1回勝利を収めた時の爆発力はマーチンゲール法以上なので、損失を減らしながら利益も出したいという人におすすめの手法になります。

本記事ではグランマーチンゲール法の使い方やメリット・デメリットなどについて詳しく解説しています。

グランマーチンゲールをオンラインカジノで実践したい人はぜひ参考にしてください。

グランマーチンゲール法の使い方

グランマーチンゲール法では最初に基準となるベット額(1単位)を決めて1回目の賭けを行います。

もしも賭けに負けてしまったら、次のゲームで賭け金の2倍+1単位を再び賭けて勝負してください。

勝負に負け続けてしまうと倍々でベット額も上がってしまいますが、どこかで勝利することができればそれまでの損失額を取り戻しつつ収支もプラスにできます。

勝利したら最初のベット額に戻し、再びグランマーチンゲール法の手法に沿って勝負を再開するような形です。

 

グランマーチンゲール法を使えるゲーム

グランマーチンゲール法は賭けに勝てる確率が50%のゲームで使用することができるシステムベットになります。

具体的なカジノゲームでは、

など。

ルーレットでは勝てる確率が50%になる「赤・黒」「奇数・偶数」などで賭けるようにしてください。

バカラではバンカー側の勝利に賭けるとコミッションを取られてしまうので、プレイヤー側に賭け続けるのが勝率50%を保つコツです。

グランマーチンゲール法のメリット

  1. 一度の勝利で損失を取り戻せる
  2. マーチンゲール法よりも利益額が大きい

グランマーチンゲール法のメリットは上記2点。

ここからそれぞれの項目について詳しく解説していきます。

一度の勝利で損失を取り戻せる

グランマーチンゲール法は連続で負けたとしても一度賭けに勝てばそれまでのマイナス分を回収することができます。

一般的な賭け方だと連敗後の損失を取り戻すには連勝する必要があるので、「一度でも勝てばプラスになる」というの精神的な安心につながるでしょう。

勝率50%のギャンブルだとしても、実際にプレイしてみると2〜3回連続で負けることはよくあります。

連敗したときでも確実に収支をプラスにできるのがグランマーチンゲール法の魅力です。

マーチンゲール法よりも利益額が大きい

グランマーチンゲール法はマーチンゲール法に比べて最終的な利益額を大きくできます。

負けるとベット額を「前回のベット額の2倍+1単位」で増やしていくので、勝利した際に受け取れる儲けを増やすことが可能。

マーチンゲール法は収支がマイナスにならないものの、最終的な利益額が少ないことがデメリットでした。

マーチンゲール法の良い部分を取り入れながら、デメリットを補えるのがグランマーチンゲール法の魅力です。

グランマーチンゲール法のデメリット

  1. マーチンゲール法よりも賭け金の増え方が激しい
  2. 十分な軍資金を用意する必要がある
  3. ベット上限額に引っかかる可能性が高い

グランマーチンゲール法のデメリットは上記3点。

ここからそれぞれの項目について詳しく解説していきます。

マーチンゲール法よりも賭け金の増え方が激しい

グランマーチンゲール法はマーチンゲール法以上にベット額が上がるスピードが早いです。

負けるとベット額を「前回の2倍+1単位」で増やしていくので、負けの回数が増えると一気に賭け金が上がってしまいます。

どこかで勝利できれば損失を取り戻せると分かっていても、ベット額がどんどん上げていくのはメンタルにかかる負担が大きいので注意が必要です。

短期間で一気にベット額が上がってしまうのがグランマーチンゲール法のデメリットだと言えるでしょう。

十分な軍資金を用意する必要がある

グランマーチンゲール法では連敗すると一気にベット額が上がっていくので、賭けられるお金がなくならないように十分な額のお金を用意しておく必要があります。

一度でも勝利すればマイナス分を取り戻せると言っても、前回の2倍+1単位の金額を賭けられなければその時点で必勝法が使えなくなってしまうからです。

1ドルから賭けをスタートした場合でも、9連敗したときの賭け金は1,023ドルまで上がってしまいます。

勝率50%のギャンブルで9連敗する確率は0.2%とかなり低いですが、最悪の場合を想定して賭けられるお金は多めに用意しておきましょう。

ベット上限額に引っかかる可能性が高い

グランマーチンゲール法では短期間で一気に賭け金が高騰していきます。

たとえ資金が残っていたとしても、テーブルごとに設定されているベット上限額に達してしまうとそれ以上高額の賭けを行えずに必勝法を続けることができません。

グランマーチンゲール法を実践する際には、テーブルの上限ベット額を確認して損切りのタイミングを理解しておくことが大事です。

グランマーチンゲール法の確率シミュレーション

連敗数 確率
1 50% (1/2)
2 25% (1/4)
3 12.5% (1/8)
4 6.2% (1/16)
5 3.1% (1/32)
6 1.6% (1/64)
7 0.8% (1/128)
8 0.4% (1/256)
9 0.2% (1/512)
10 0.1% (1/1024)

グランマーチンゲール法で連敗する確率シミュレーションを表にまとめてみました。

勝率50%のギャンブルで賭け続けた場合、仮に10連敗するのは約1,000分の1です。

1,000回勝負して1回あるかどうかの確率なので、どれだけ連敗が続いたとしても5〜6回目には勝てる可能性が高くなります。

グランマーチンゲール法を実践する際には、上記の表を参考にしてみてください。

グランマーチンゲール法の損切りタイミングは?

グランマーチンゲール法で損切りを決断するタイミングとしておすすめなのが、「今の賭けで負けたら次に賭ける資金が尽きる」という場合です。

50%の確率で勝ちをおさめることができれば必勝法は成功ですが、仮に負けてしまうと大きく損失が膨れ上がってしまうため損切りした方が安全だと言えます。

例えば、手持ちの資金が50ドルで、今から20ドルを賭ける予定の場合。

このゲームで負けてしまった場合、残金は30ドルです。

グランマーチンゲール法では次のベット額は「40ドル+1単位」となるため、必勝法を続けることができません。

上記のような状況になってしまったら、一度必勝法をリセットして最初からやり直したほうが安全でしょう。

グランマーチンゲール法を使ってプレイしたいオンラインカジノTOP10

グランマーチンゲール法を使ってプレイしたいオンラインカジノは上記10サイト。

グランマーチンゲール法が有効なルーレットやバカラで遊ぶことができるので、思う存分必勝法を実践することができます。

どのサイトも日本人プレイヤーから人気のオンラインカジノとなっているため、これからカジノを始める初心者の方でも安心です。

グランマーチンゲール法のまとめ

ここまでグランマーチンゲール法の使い方やメリット・デメリットについて詳しく解説してきました。

グランマーチンゲール法は連敗が続いてもどこかで1回勝てれば収支をプラスにすることができる必勝法です。

マーチンゲール法よりもベット額の上昇スピードが早い反面、最終的な儲けを多く残すことができます。

数ある攻略法の中でも一撃の攻撃力が期待できる手法になっているため、一度の勝利で大きく儲けたい人にはおすすめです。

 

グランマーチンゲール法についてよくある質問

  • Q1. グランマーチンゲール法はルーレットで使えますか?

    A1. グランマーチンゲール法はルーレットで使用することができます。

    勝利する確率を50%にするために、「赤・黒」「奇数・偶数」などの賭け方に固定してベットするのがポイントです。

    ルーレットは各ゲームの結果が他のゲームの結果に左右されない「独立事象」のギャンブルなので、グランマーチンゲール法には最も適していると言われています。

  • Q2. グランマーチンゲール法はバカラで使えますか?

    A2. グランマーチンゲール法はバカラでも使用することができます。

    ただし、バンカーにベットして勝利するとコミッションを取られてしまうので、必勝法を使う際にはプレイヤーに絞って賭けるのがおすすめ。

    バカラはゲームが進行する度にカードの枚数が減っていきその後のゲームの結果に影響する「従属事象」のギャンブルです。

    ルーレットなどの独立事象の方がどのゲームでも勝率50%を維持できるので、必勝法を使うには適していると言われています。

  • Q3. グランマーチンゲール法のデメリットは何ですか?

    A3. グランマーチンゲール法のデメリットとしては、

    1. マーチンゲール法よりも賭け金の増え方が激しい
    2. 十分な軍資金を用意する必要がある
    3. ベット上限額に引っかかる可能性が高い

    の3点です。

    短期間で一気に賭け金が増えてしまい、賭けるお金がなくなったりベット上限額に引っかかりやすいのがデメリットと言えます。

    グランマーチンゲール法を使う際には、あらかじめ「◯連敗したら損切りする」というのを決めておいたほうが安全です。