ローリスクローリターンのダランベール法のメリット・デメリットとは?

ダランベール法は「賭けが外れたら次のゲームのベット額を1増やし、勝利したら次のゲームのベット額を1減らす」という攻略法です。

別名「ピラミッド法」とも呼ばれており、長期目線で確実に儲けを出すことを目的とした方法です。

ギャンブルの世界だけでなく、FXやバイナリーオプションなどでも用いられる投資法となっています。

本記事ではダランベール法の使い方や使えるゲーム、メリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます。

ダランベール法について詳しく知りたい人はぜひ参考にしてください。

ダランベール法の使い方

ダランベール法の使い方は、「ゲームに敗北したら次のベット額を1増やし、ゲームで勝利したら次のベット額を1減らす」というシンプルなもの。

最初のベット額と勝負ごとの増減額をあらかじめ決めてからスタートしてください。

ただし、ゲーム毎に変動させる1単位の額を大きく設定すると金銭的な負担も大きいので、最初は1ドルなどの少額で試してみるのがおすすめ。

ゲームを続けてベット額の増減を繰り返し、トータルでベット額が0になればダランベール法の1セットが完了になります。

もしもダランベール法を継続して行うなら、最初のベット額に戻して再び勝負を行うような流れです。

ダランベール法を使えるゲーム

ダランベール法は勝てる確率が50%のギャンブルで使用できます。

具体的なカジノゲームの場合、

など。

ルーレットの場合は勝率が1/2になるように、「赤黒」「奇数偶数」などのベットのみを行うようにしてください。

バカラの場合にはバンカーにベットして勝利すると手数料を取られてしまうため、プレイヤーにだけベットを行うのがよいでしょう。

ダランベール法を使う際には、必ず相性が良いゲームやベット法で戦略を立てて実践するのがポイントになります。

ダランベール法のメリット

  1. 勝っても負けても資金の増減が緩やかになる
  2. 長期でベットすることで利益を出しやすい
  3. 上限ベット額に引っかかることが少ない

ダランベール法のメリットは上記3点。

他の必勝法に比べて資金の増減が少ない点や、長期で収支をプラスにできるのが魅力です。

ここからそれぞれの項目について詳しく解説していきます。

勝っても負けても資金の増減が緩やかになる

ダランベール法は負けたらベット額を1増やし、勝ったらベット額を1減らしていく手法。

連勝、連敗どちらでも資金の増減が抑えられるため、精神的に安定した状態でギャンブルを行うことができます。

ココモ法やマーチンゲール法などの場合、連敗でベット額が徐々に上がっていくので使用者の精神的負担が大きくなってしまうことも。

ローリスクでギャンブルを楽しみたい人はダランベール法はおすすめできます。

長期でベットすることで利益を出しやすい

ダランベール法は長期でギャンブルを行うことで利益を出しやすくなっています。

じっくりと勝負を続ければ最終的な儲けを残せるので、長期戦でギャンブルを行える人にはおすすめ。

ただし、実際のカジノで1日何時間もギャンブルを続けるのは難しいです。

ダランベール法を使えるのはオンラインカジノならではだと言えるかもしれません。

上限ベット額に引っかかることが少ない

ダランベール法は勝っても負けてもベット額の振れ幅を抑える方向に働きます。

そのため、ダランベール法を使ってもテーブル毎に設定されている上限ベット額に引っかかる心配がありません。

賭け金を徐々に上げていくココモ法やマーチンゲール法では上限ベット額に引っかかる危険性があるため、賭け金の増加を過度に気にしなくてよいのもダランベール法の魅力です。

ダランベール法のデメリット

  1. 連敗すると資金の回収に時間がかかる
  2. 短期で大きな利益を出すのは難しい
  3. まとまった軍資金を用意する必要がある

ダランベール法のデメリットは上記3点。

ここからそれぞれの項目について詳しく解説していきます。

連敗すると資金の回収に時間がかかる

ダランベール方がいくらローリスクな手法だとしても、勝率50%のギャンブルで負け続けてしまうと損失を取り戻すのに時間がかかってしまいます。

また、勝ち負けを繰り返すような場合にはダランベール法での儲けが積み上がらなくなってしまいます。

長期でダランベール法を続ければどこかで儲けを出せますが、勝敗のバランスによっては儲けが出ないのを覚悟しておいてください。

短期で大きな利益を出すのは難しい

ダランベール法はリスクを限りなく抑えて収支をプラスにすることを目的にした必勝法です。

ギャンブルを行って負けの数が多くても最終的な儲けを残せる反面、短期間で一気に収支をプラスにすることは難しくなっています。

もし短期でお金を増やしたいなら、ハイリスクハイリターンの必勝法であるパーレー法やグランパーレー法を使ってみてください。

まとまった軍資金を用意する必要がある

ダランベール法のリスクが低いと言っても、長期でギャンブルを続けるためにある程度まとまった軍資金が必要になってきます。

特に負けが続いてしまうと勝負をする度にベット額が上がってしまうので、途中でお金が尽きてしまう可能性も。

長期でギャンブルを行うことを前提にし、ある程度まとまった額のお金を用意するのがおすすめです。

ダランベール法の損切りタイミングは?

ダランベール法で損切りを検討するタイミングは、負けが連続してしまったときです。

勝負に負ける度にベット額が上がっていくので、負け続けるとどんどん損失が膨れ上がってしまうことに。

ダランベール法を使う前にどれだけの損失まで許容できるかを決めておき、損失額が許容範囲を超えたら勝負を切り上げるのがおすすめです。

ダランベール法のシミュレーション

ダランベールのシミュレーション確率

ダランベール法を使って5連敗した後に5連勝したときのシミュレーションを上記の表にまとめました。

上記の表を見てもらうと分かりますが、勝敗の数が同じにも関わらず1ドルの賭け金から始めて最終的には+5ドルの利益が出ています。

一気に損失を回収できるわけではないですが、勝ち越していなくても収支がプラスになるというのは安心要素です。

確実に利益を出すためには、ある程度長期でゲームを継続することが大事になります。

ダランベール法を使ってプレイしたいオンラインカジノTOP10

主要ボーナス
主なボーナス
最大$1000
評価 4.9/5
主なボーナス
最大500ドル
評価 4.5/5
主なボーナス
最大395,000円
評価 4.9/5
主なボーナス
200回分のフリースピン
評価 4.7/5
主なボーナス
提供なし
評価 4.9/5
主なボーナス
最大3,000ドル
評価 4.4/5
主なボーナス
最大1,500ドル
評価 4.7/5
主なボーナス
最大500ドル
評価 4.7/5
主なボーナス
最大500ドル + 250回分のフリースピン
評価 4.6/5
主なボーナス
最大1,000ドル
評価 4.6/5

ダランベール法を使ってカジノゲームをプレイしたいオンラインカジノサイトは上記10サイト。

どのサイトもルーレットやバカラなどダランベール法と相性が良いゲームで遊ぶことが可能です。

日本人プレイヤーから人気の高いカジノサイトばかりなので、これからオンラインカジノを始める初心者でも安心してプレイできます。

ダランベール法のまとめ

ここまでダランベール法の使い方や使えるゲーム、メリット・デメリットなどについて詳しく紹介してきました。

ダランベール法は勝負に勝ったら賭け金を1つ減らし、勝負に負けたら賭け金を1つ増やすカジノゲームの必勝法です。

短期で大きく資金を増やすことはできませんが、長期でゲームを行ったときに利益を出せる可能性を高めることができます。

ローリスクローリターンでギャンブルを行いたい人はぜひ実践してみてください。

ダランベール法についてよくある質問

  • Q1. ダランベール法はバカラで使えますか?

    A1. ダランベール法はバカラでも使用することが可能です。

    バカラはプレイヤーとバンカーの勝率がほぼ五分五分なので、ダランベール法と相性が良いゲームになります。

    ただし、バカラでバンカーに賭けて勝利すると手数料を取られてしまうため、ダランベール法を使うのであればプレイヤーに賭け続けるようにしまあしょう。

  • Q2. ダランベール法は競艇で使えますか?

    A2. ダランベール法は競艇でも使用することができます。

    競艇でダランベール法を使うときには、勝率がブレないように買い目を固定するようにしましょう。

    3連単を固定して当てるのは難しいので、2連単を2〜3点購入するのがおすすめです。

    最初は1,000円を2点買いなどでスタートし、勝ったら900円、負けたら1,100円と賭け金を増減させていけばダランベール法を競艇でも使うことができます。

  • Q3. ダランベール法は競馬で使えますか?

    A3. ダランベール法は競馬でも使用することが可能です。

    最初は100円や1,000円などからスタートし、勝ったら900円、負けたら1,100円のように賭け金を増減させていきます。

    的中時の平均配当が2倍になるような賭け方に固定して馬券を購入するのがポイント。

    大勝も大敗もせず、ローリスクで競馬を楽しみたい人にはおすすめの攻略法になります。