クラップスの基本ルール、攻略法、プレイできるオンラインカジノを徹底解説

クラップス(CRAPS)はバカラやポーカーなどのようにあらゆるカジノでプレイされているギャンブルです。

サイコロを2つ使用して行うギャンブルであり、丁半と似たようなルールなので日本人にはなじみやすいカジノゲームだと言えるでしょう。

本記事ではクラップスの基本ルールや攻略法、プレイできるオンラインカジノについて詳しく解説していきます。

これからオンラインカジノでクラップスを楽しみたいと考えているなら、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

クラップスとは?

クラップスは17世紀にフランスなどヨーロッパ貴族の遊びであった「Crabs」がなまったものだと言われています。

18世紀になってからフランスの植民地であったニューオリンズ地方で広まり、そのままアメリカ全土でプレイされるようになりました。

20世紀後半にはスロットマシンのようなシンプルなカジノゲームが人気となり絶滅しそうになりましたが、クラシックなカジノゲームの広がりとともに人気が再燃しています。

クラップスは2つのダイスを使って出目を競うギャンブルで、賭け方の種類がたくさんあるので頭を使ったプレイがしたい人には特におすすめ。

ラスベガスやマカオなど本場のカジノでも非常に盛り上がるゲームなので、ギャンブルを楽しむならぜひクラップスにも一度チャレンジしてみてください。

クラップスのルール

  1. シューターを決める
  2. シューターの勝敗を予想する
  3. シューターがダイスを投げる
  4. ダイスを振り続ける

クラップスのルールとしては上記のような流れです。

ルール自体は非常に単純なので、初めての人でも簡単にマスターすることができるでしょう。

以下よりそれぞれのルールについて詳しく解説していきます。

シューターを決める

クラップスではまず、参加プレイヤーの中からダイスを振る役割のシューターを1人決めます。

1ゲームの勝敗が決まるまで、特定のシューターがダイス2つを振り続ける形です。

勝敗が決まったら別の人にシューターが変わり、次のゲームをスタートさせます。

「シューターとはプレイヤーの中でダイスを振る人」というルールは最初に理解しておきましょう。

シューターの勝敗を予想する

続いて、シューターが勝負を予想して賭けを行いましょう。

シューターが勝つ方に賭けることを「パスライン」と呼び、負ける方に賭けることを「ドントパスライン」と呼びます。

どちらが勝つかを予想するだけなので、ここも特に難しいことはありません。

他にも色々な賭け方があるのですが、とりあえず最初はこの2つのベット方法を覚えるようにしてください。

シューターがダイスを投げる

プレイヤーのベットが終わったらシューターが2つのダイスを振ります。

1投目で出た2つの目の合計が「7」か「11」になればナチュラルとなってシューターの勝ちです。

「2」「3」「12」のいずれかが出た場合にはクラップスと言い、シューター側の負けとなるような形。

上記以外の数字の場合にはその数字をポイントナンバーとして扱い、そのまま2投目を振ってゲーム続行になります。

ダイスを振り続ける

ナチュラルとクラップスが出なかった場合にはその数字がポイントナンバーとなり、シューターがダイスを振り続けるような流れ。

2投目からはポイントナンバーが出ればシューターの勝ち、「7」が出たらシューター側の負けになります。

ポイントナンバーも「7」も出なかった場合には、3投目、4投目とサイコロを振り続けるような形。

勝敗が付くまでシューターがダイスを振り続けるのがクラップスの一連の流れです。

クラップスのシューターの注意点

  1. 片手でダイスを振る
  2. 一度ダイスを触ったらそのまま振る

クラップスのシューターの注意点は上記2つ。

これらはクラップスにおけるルールとなっており、イカサマや不正防止のために必ず守る必要があります。

ここからそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

片手でダイスを振る

クラップスでは両手ではなく片手でダイスを振るようにしましょう。

両手を使って振ってしまうとダイスのすり替えなど不正行為を疑われてしまうからです。

ランドカジノでクラップスをプレイするときに両手を使ってダイスを投げると、場合によってはスタッフからサイコロを確認するように求められることも。

必ず片手でダイスを手に取り、片手で振るように徹底するようにしてください。

一度ダイスを触ったらそのまま振る

一度ダイスを触ったら、戻さずにそのまま振るようにしましょう。

クラップスでは複数個のダイスの中からシューターが2つを選んで投げますが、一度選んだダイスを戻してはいけません。

これもイカサマや不正防止の観点から、マナーとして必ず守るようにしてください。

ランドカジノで上記のような禁止行為を行ってしまった場合、スタッフから注意されてしまうことがあるので気をつけましょう。

クラップスの賭け方・配当・確率

賭け方 勝つ条件 払い戻し 確率
パスライン(PASS LINE) 1投目で7か11、それ以降はポイントが出る 2倍 49.29%
ドントパス(DON’T PASS) 1投目で2か3か12、それ以降は7が出る 2倍 47.93%
カム(COME) 2投目以降でポイントが出る 2倍 49.29%
ドントカム(DON’T COME) 2投目以降で7が出る 2倍 47.93%
フィールドベット(FIELD BET) 次の1投で「2、3、4、9、10、11、12」が出る 2倍 44.44%
エニークラップス(ANY CRAPS) 次の1投で「2、3、12」が出る 8倍 11.11%
エニーセブン(ANY SEVEN) 次の1投で「7」が出る 5倍 16.67%
ホーンベット(HORN BET) 次の1投で「2、3、11、12」が出る 15倍:3か11
30倍:2か12
4.16%
プレイスベット(PLACE BET) ゲーム中に「4、5、6、8、9、10」が出る 2.8倍:4
2.4倍:5
2.16倍:6
2.16倍:8
2.4倍:9
2.8倍:10
39.59%
ビッグ6(BIG SIX) 「7」が出る前に「6」が出る 2倍 45.5%
ビッグ8(BIG EIGHT) 「7」が出る前に「8」が出る 2倍 45.5%
ハードウェイ(HARD WAY) ゲーム中に「2、3、4、5」いずれかのゾロ目が出る 8倍:2のゾロ目
10倍:3のゾロ目
10倍:4のゾロ目
8倍:5のゾロ目
11.11%

クラップスの賭け方と配当、確率に関して上記の表にまとめました。

勝つための条件や配当倍率、出る確率などを一覧にしたので、クラップスをプレイする際の参考にしてください。

ここからクラップスの基本となる賭け方について詳しく解説していきます。

基本のベット

  1. パスライン(PASS LINE)
  2. ドントパスライン(DON’T PASS LINE)
  3. カム(COME)
  4. ドントカム(DON’T COME)

クラップスの基本のベット方法は上記4通り。

実は基本のベット方法が最も勝ちやすい賭け方なので、これからクラップスを始めるのであればまずは覚えるようにしておきましょう。

ここからそれぞれのベット方法について詳しく解説していきます。

パスライン(PASS LINE)

パスライン(PASS LINE)とはシューター側が勝つ方に賭ける方法です。

1回目にシューターが投げたダイスの合計値が「7」か「11」なら勝利、「2」「3」「12」の中のどれかなら負けとなる形。

上記以外の数字だった際はその数字がゲーム中でのポイントナンバーとなり、2回目からはポイントナンバーが出れば勝ち、その前に「7」が出ると負けです。

パスラインはクラップスでベースとなるベット方法なので、実際にギャンブルプレイの前には必ず覚えておきましましょう。

ドントパスライン(DON’T PASS LINE)

ドントパスライン(DON’T PASS LINE)はパスラインの逆の賭け方です。

1回目に「2」「3」「12」が出れば勝ち、「7」か「11」が出れば負けになります。

2回目より後は1回目に出た数字である「ポイントナンバー」が出れば負け、その前に「7」が出れば勝ちです。

実はドントパスラインはパスラインに比べて確率的に有利なので、勝ち負けだけを考えると非常に有利な賭け方。

ただし実際のランドカジノだと多くのプレイヤーがパスラインにベットするため、あえて逆の賭け方をするとひんしゅくを買う場合があるので注意してください。

カム(COME)

カム(COME)は2回目より後のパスラインに賭ける方法です。

1投目以降の任意のタイミングで賭けることが可能であり、賭けた次に投げられるサイコロの目がポイントナンバーになります。

そのゲームのポイントナンバーが出れば勝ちになり、その前に「7」が出れば負けとなる形。

カムはパスラインと同じくベースのベット方法で、クラップスをプレイするときは必ずマスターしておきましょう。

ドントカム(DON’T COME)

ドントカム(DON’T COME)はカムの逆で、2回目以降のドントパスラインに賭ける方法です。

プレイヤーが任意のタイミングで賭けを行うことが可能で、シューターが負ける方にベットします。

賭けた直後の出目が「7」か「11」であれば負けになり、「2」「3」「12」だと勝ちになるような形。

上記以外の目がでればその数字がプレイヤーのポイントナンバーとなり、ポイントが出れば負けでその前に「7」が出れば勝ちになります。

シングルロールベット

  1. フィールドベット(FIELD BET)
  2. エニークラップス(ANY CRAPS)
  3. エニーセブン(ANY SEVEN)
  4. ホーンベット(HORN BET)

シングルロールベットとは賭けた直後の1投の結果のみを対象に行う賭けのこと。

上記4つのベット方法が存在するため、1つずつ詳しく紹介していきます。

フィールドベット(FIELD BET)

フィールドベット(FIELD BET)は賭けた直後の1投で「2、3、4、9、10、11、12」が出れば勝ちというベット方法です。

これは単純な一発勝負であり、どんな目が出ようとも賭けた次の1投で勝敗が決まる賭け方になります。

対象となる数字が多く勝てる確率が高そうですが、実際には出目の確率は44.4%と半分以下になってしまうので注意してください。

配当は等倍(賭け金を含めると2倍)ですが、「2、12」のときには2倍(賭け金を含めて3倍)になります。

エニークラップス(ANY CRAPS)

エニークラップス(ANY CRAPS)は賭けた直後の1投で「2、3、12」が出れば勝ちというベット方法です。

上記以外の数字が出た場合にはすべて負けです。

出目の確率は4/36で11.11%、配当は7倍で、賭け金を含めると8倍となります。

ただし確率の割に配当が低い賭け方なので、勝負に勝ちたいなら賭けないようにしましょう。。

エニーセブン(ANY SEVEN)

エニーセブン(ANY SEVEN)は次の1投で「7」が出ることに賭けるベット方法です。

いつでも賭けることができますが、賭けは次の1投のみ有効になります。

毎回エニーセブンに賭けるためには、サイコロを投げるたびに賭けを行う必要があるので注意してください。

ホーンベット(HORN BET)

ホーンベット(HORN BET)は次の1投で「2、3、11、12」のどれかが出れば勝ちというベット方法です。

配当はサイコロの出目によって異なり、「3」か「11」なら15倍、「2」か「12」なら配当は30倍になります。

マルチロールベット

  1. プレイスベット(PLACE BET)
  2. ビッグ6(BIG SIX)
  3. ビッグ8(BIG EIGHT)
  4. ハードウェイ(HARD WAY)

マルチロールベットとは勝敗が付くまで複数回サイコロが振られる可能性があるベット方法です。

代表的なマルチロールベットは上記4種類。

ここからそれぞれの賭け方について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

プレイスベット(PLACE BET)

プレイスベット(PLACE BET)とは「4、5、6、8、9、10」のいずれかが出ることに賭けるベット方法です。

「7」が出る前に上記の数字が出れば勝利となります。

どれかの数字を選んで賭ける形となり、複数の数字に賭けることも可能です。

ビッグ6(BIG SIX)

ビッグ6(BIG SIX)とは「6が出れば勝ち」というシンプルなベット方法です。

「7が出れば負け」であり、6も7も出なかった場合には出るまでサイコロを振り続けます。

いつでも賭けることが可能で、いつでも勝負から降りることができるような形です。

ビッグ8(BIG EIGHT)

ビッグ8(BIG EIGHT)とは「8が出れば勝ち」というシンプルなベット方法です。

「7が出れば負け」になり、7も8も出なかった場合には出るまでサイコロを振り続けます。

いつでも賭けることが可能で、いつでも勝負から降りることができるような形です。

ハードウェイ(HARD WAY)

ハードウェイ(HARD WAY)は2〜5までのゾロ目に賭ける方法です。

ゾロ目のことをクラップスでは「ハードウェイ」と呼び、賭けた数字のゾロ目が出れば勝ちになります。

「7」が出たり賭けた数字以外のゾロ目が出たら負けになるので覚えておきましょう。

クラップスの還元率・控除率

賭け方 還元率 控除率
パスライン(PASS LINE) 98.59% 1.41%
ドントパス(DON’T PASS) 98.64% 1.36%
カム(COME) 98.59% 1.41%
ドントカム(DON’T COME) 98.64% 1.36%
フィールドベット(FIELD BET) 47.23% 5.56%
エニークラップス(ANY CRAPS) 88.89% 11.11%
エニーセブン(ANY SEVEN) 83.33% 16.67%
ホーンベット(HORN BET) 87.50% 12.5%
プレイスベット(PLACE BET) 95.94% 4.06%
ビッグ6(BIG SIX) 90.91% 9.09%
ビッグ8(BIG EIGHT) 90.91% 9.09%
ハードウェイ(HARD WAY) 90.90% 10.1%

クラップスの賭け方ごとの還元率と控除率について上記の表にまとめました。

サイコロの出た目を予想するため運要素が強いですが、還元率と控除率の数字を見るとクラップスは稼ぎやすいゲームだということが分かります。

ただし

  • パスライン
  • ドントパスライン
  • カム
  • ドントカム

以外の賭け方は還元率が低いため、基本的にはパスラインやカムを中心にベットを行っておくのがおすすめです。

クラップスで使える攻略法・必勝法

クラップスには様々な賭け方がありますが、最も有効な攻略法としては「ドントパスライン」「ドントカム」に賭けることです。

上記2つの賭け方は数あるベット方法の中でも最も控除率が低いため、カジノ側の利益が少ない賭け方だと考えられます。

他にも

  • パスライン
  • カム
  • プレースベット「6」「8」

なども控除率の低い賭け方であるため、上記のベット方法を実践することで勝率を高めることができるでしょう。

攻略法 詳細 使えるゲーム
マーチンゲール法 勝負に負けたら前回の倍額を再び賭ける
ダランベール法 勝ったら賭け金を1単位減らし、負けたら賭け金を1単位増やす
  • ルーレット
  • ブラックジャック
  • バカラ
ハーフストップ法 ゲームの勝利金の半分を使わずに取っておく すべてのゲーム

また、システムベッドの中でもクラップスで使える必勝法は上記の通り。

マーチンゲール法やダランベール法を使う場合には、「パスライン/ドントパスライン」「カム/ドントカム」など勝率がおよそ50%で2倍配当を受け取れる賭け方を選ぶようにしましょう。

クラップスをプレイできるオンラインカジノTOP10

主要ボーナス
主なボーナス
最大$1000
評価 4.9/5
主なボーナス
最大500ドル
評価 4.5/5
主なボーナス
最大395,000円
評価 4.9/5
主なボーナス
200回分のフリースピン
評価 4.7/5
主なボーナス
最大500ドル + 250回分のフリースピン
評価 4.6/5
主なボーナス
最大100,000円
評価 4.4/5
主なボーナス
フリースピン200回分
評価 4.6/5
主なボーナス
最大250,000円
評価 4.4/5
主なボーナス
最大2,000ドル
評価 4.5/5
主なボーナス
最大500ドル
評価 4.5/5

クラップスをプレイできるおすすめのオンラインカジノは上記10サイト。

どのサイトも政府発行のライセンスを所持しており、安心安全なカジノサイト運営を行っています。

ボーナスが豊富でサポート体制も整っているオンラインカジノを厳選していますので、クラップスを遊ぶのにどのカジノサイトで遊ぶか迷っているのであればぜひ上記の中から選んでみてください。

クラップスのまとめ

ここまでクラップスの基本ルールや攻略法、プレイできるオンラインカジノについて詳しく解説してきました。

クラップスは2つのサイコロを使ったカジノゲームであり、プレイヤー自身がサイコロを投げるのが特徴です。

賭け方の種類が多く最初は難しいと感じてしまうかもしれませんが、勝ちやすい賭け方は決まっているのですべてを覚える必要はありません。

ぜひ本記事の内容を参考にしていただき、オンラインカジノでクラップスを楽しんでみてください。

クラップスについてよくある質問

  • Q1. クラップスとは何ですか?

    A1. クラップスは2つのサイコロの出目を予想して賭けるギャンブルゲームです。

    元々はフランス貴族の遊びだったと言われており、フランス植民地であったアメリカのニューオリンズ地方からアメリカ全土に広まったような形。

    実際のランドカジノではプレイヤー自身がサイコロを投げるため、参加者全員で盛り上がれるのが人気のギャンブルになります。

  • Q2. クラップスのルールは何ですか?

    A2. クラップスではシューターと呼ばれるプレイヤーがサイコロを投げ、その勝敗や出目に賭けるのがルールです。

    1投目が「7」「11」ならプレイヤーの勝ち、「2」「3」「12」ならプレイヤーの負けになります。

    それ以外の数字であればその数字が「ポイント」と呼ばれ、2投目以降にポイントが出ればプレイヤーの勝ち、「7」が出ればプレイヤーの負けです。

    勝敗が決まるまではシューターがサイコロを投げ続けるというのがクラップスの一連の流れになります。

  • Q3. クラップスはオンラインカジノでプレイできますか?

    A3. クラップスはオンラインカジノでもプレイすることができます。

    ブラックジャックやルーレットなどのギャンブルほどメジャーではありませんが、今ではほとんどのカジノサイトでクラップスを楽しむことが可能です。

    一般的なテーブルゲームやビデオスロットに飽きてしまったのであれば、ぜひクラップスにもチャレンジしてみてください。