バカラ 必勝法・攻略法20種類以上一挙公開!

バカラ-必勝法-攻略法

バカラは、カジノゲームの中で人気が高く、バカラ ルールは割と単純で多くのプレイヤーが楽しんでいます。今回この記事ではバカラ 必勝法や攻略法を20種類以上紹介いたします。これらの戦略を勉強し、バカラの勝ち方を見つけましょう!

稼ぎたい方のバカラ 必勝法・攻略法一覧!

これからご紹介するバカラ必勝法は、様々な種類のバカラで使え、リスクを取って大きく勝ちたいと考えている人向けの方法です。一度勝った時の高揚感は忘れられないのですが、これらの手法を利用するには、十分な資金を用意し、注意深くゲームを分析し、冷静な判断をしましょう!

 パーレー法(逆マーチンゲール法)

パーレー法は、連勝時に賭け金を倍に増やし、連敗時に賭け金を減らす戦略です。逆マーチンゲール法とも呼ばれます。この戦略では、勝利時には利益を最大化するために賭け金を増やし、負け時には損失を最小限に抑えるために賭け金を減らします。ただし、連敗が続くと損失も大きくなるため、注意が必要です。

 グランパーレー法

グランパーレー法は、連勝時に前回の賭け額2倍プラス1単位分を次に賭け、連敗時に賭け金をリセットする戦略です。この戦略では、連勝が続くことで大きな利益を得ることができますが、逆に連敗が続くと賭け金をリセットするため、損失が限定されます。目標利益を設定し、貪欲にならないように注意しましょう。

モンテカルロ法

モンテカルロ法は、法則に従って数列を書き足していき、数列の結果を元に次の賭け金を決める攻略法です。長時間プレイすると負けにくいと言われている方法ですので、一回の勝利で損失を全て回収するという方法ではありません。

チャンピオンゲーム法

チャンピオンゲーム法は、ゲームの展開を予選、決勝に分け、トーナメントのように分けて進めていく戦略です。数列を使った必勝法でモンテカルロ法が基となっています。決勝でチャンピオンを取れば利益が確定するので、効果的に使うことのできる必勝法です。

ハーフストップ法

ハーフストップ法は、目標利益を設定し、儲けた利益が半分になった時点でゲームを終えるカジノ必勝法です。利益を確保することで、連敗時の損失を最小限に抑えることができます。最初に目標利益を適切に設定することが重要です。

グッドマン法(1235法)

グッドマン法は、一連の数列に基づいて賭け金を管理する戦略です。賭け金を1勝ごとに変動させていくグッドマン法では、1ドルからスタートします。そして1勝ごとに「1ドル→2ドル→3ドル→5ドル」と変動させるため、1235法と呼ばれています。連勝時には賭け金を数列に従って増やし、連敗時には数列の最初の数字に戻します。連勝時には利益を積み上げることができますが、連敗時には損失を限定することができます。

バーネット法(1326法)

バーネット法は、1回の連勝に対して特定の数列に基づいて賭け金を増減させる戦略です。具体的には、1勝ごとに「1ドル→3ドル→2ドル→6ドル」と変動させるため1326法と呼ばれています。連勝すれば安定して利益があり、損失も最低限に抑えられる方法なので、一攫千金したい人には不向きです。

キャンセレーション法

キャンセレーション法は、目標金額を設定し、その金額を自由に分割し数列を作り、数列の両端を足した金額を賭ける戦略です。勝利した場合は、両端の数字を削除し、敗北した場合には、賭けた金額を数列の最後に追加します。数列をすべて消化するとゲームを終了となります。

堅実に稼ぎたい方のバカラ 必勝法・攻略法

こちらで紹介するバカラ必勝法はリスクを取らずに着実にバカラで稼ぎたい人向けの戦略をいくつかご紹介いたします。確率や戦略を活用することで、リスクを最小限に抑えながら堅実に勝つ方法7つご紹介します!

10%法(テンパーセント法)

10%法は、1回の賭けで自身の資金の10%を使います。例えば、所持金が$1,000であれば、1回の賭け金は$100となります。10%法は明確に終わりがないため、連敗時には続けて賭けるのではなく、引き際を自分で定めておくことが重要です。

10ユニット法

10ユニット法は、最初に目標利益額、リミット額、1ユニット額を決め、勝敗に応じて計算した額をベットします。数列が全て消えるかリミットに達したら終了となるためゲームのやめ時がわかりやすく感情的にゲームを続けることはありません。

ラブシェール法

ラブシェール法は目標利益を決め、4〜10個に数字を分割します。数列の両端を足して掛け金とし、勝ったら数列の両端を削除、負けたら賭け金を数列の右側に追加します。最終的に数列が全てなくなったら終了です。目標利益が小さければ短期戦、大きければ長期戦となります。目標利益を高額に設定しすぎると、終わらないため、少なめに設定することをオススメします!

ピラミッド法(ダランベール法)

ピラミッド法 / ダランベール法は、連敗時に賭け金を1単位増やし、連勝時に賭け金を1単位減らす手法です。連敗が続いた場合は、ピラミッドを築くように賭け金を増やしていきます。連勝し続け、賭け金が0となるとリスタートして最初の数字に戻す方法と、賭け金を0にせず$1のまま賭け続ける方法があります。賭け金が高騰しづらく少ない資金でも使える方法です。

 逆ダランベール法

逆ダランベール法は、連勝時に賭け金を1単位増やし、連敗時に賭け金を1単位減らす手法です。ピラミッド法とは逆の戦略となります。勝ち負けを交互に繰り返し連勝しなければ効果が出ない方法となります。

イーストコーストプログレッション法

イーストコーストプログレッション法は、2連勝後の3ゲーム目から利用できる方法です。2連勝するまでは賭け金を変えずに勝負を行っていきます。2連勝後、直前に賭けたゲームの賭け金に、前回と前々回(2連勝)で儲けた利益を上乗せして賭けていきます。勝った場合は常に儲けの半分は手元に残し、残りの半分の利益を上乗せしてゲームを進行していきます。負けた場合はリセットして再スタートします。この手法は慎重な賭け方をするため、リスクを最小限に抑えながら利益を積み上げることができます。

31システム投資法

31システム投資法は、勝率に関係なく2連勝すると利益が確定する攻略法です。専用の表を見ながら勝敗に応じてベットがくを調整し、9回勝負のうち2連勝できたら利益確定、連勝できなければ31ユニット(1ユニットを$1とすると最大$31)までの損失額が出ます。勝ち負けが交互に来ると利益がなかなか出ない方法となります。

損失を回収したい方のバカラ 必勝法・攻略法

こちらからは損失を回収したい方向けのバカラ必勝法を6つご紹介いたします。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、負けた時に賭け金を倍に増やしていく手法です。例えば、最初の賭け金を$100とし、連続して負けた場合には次の賭け金を$200、$400、$800と倍々に増やしていきます。連勝した場合には最初の賭け金に戻ります。この手法は、連敗しなければ効果的ですが、連敗すると賭け金が急激に増えるため、予算管理が重要です。どれだけ負けても1回勝てば、初回ベット額分は勝てるので手持ちに余裕がある際にこのマーチンゲール法をとると良いです。

グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法は、マーチンゲール法の改良版です。この手法では、負けたら賭け金を『 2倍 + 1 』に上げていく必勝法で、連敗しても1回勝てばプラスになります。例えば、最初の賭け金を$1とし、連敗が続く場合には次の賭け金を$3、$7、$15と増やしていきます。勝利した場合には最初の賭け金に戻ります。1回の勝利での爆発力があるのでマーチンゲール法よりも利益率が大きいです。

ココモ法

ココモ法は、マーチンゲール法に似た手法で1回の勝利で取り返すことのできる必勝法です。ココモ法は、カジノゲームで勝率約1/3かつ配当が3倍のゲームで使用されますのでバカラではタイを狙っていくこととなります。

ウィナーズ法

ウィナーズ法は、内容はモンテカルロ法と似ており、数列を使って賭け額を調整していき、数列がなくなるまで賭け続けるという方法です。勝ったら左端の数字を1つ消し、負けたらベット額を右側に加えていくということを繰り返していき、数列が無くなるまでこれを続けます。ウィナーズ法は2連敗後に開始し、ベット額を加え、数列の左端にある数字を2倍にした額をかけていきます。

2in1法

2in1法とは2回分の損失を1回で取り戻すといった方法です。モンテカルロ法が基となっているため数列を使う攻略法です。2連敗後からスタートし、負けたら賭け金を右に加えていき、勝った場合は左端と右端の数字を消していきます。負けた後、次に賭ける数字は左端と右端の数字の合計額です。数列がなくなると2in1法は終了となります。

オスカーズグラインド法

オスカーズグラインド法は、連勝時に賭け金を1単位ずつ増やしていき、負けた際は賭け金はそのままという手法です。多くの攻略法は賭け金が大きくなったり、リスクが大きくなりますが、オスカーズグラインド法は1単位分の利益が出た時点で終了するので、損失が少なく賭け金も抑えられます。

バカラ カードカウンティング

バカラの必勝法はかなり存在しますが、一番使えるのは「カードカウンティング」です。配られた全てのカードを記録して、これから配られるカードを予測するという戦略です。この戦略により、勝率を一気に高めることができます。

有名なカウンティングの必勝法は「High Low System」です。

トランプを3パターンに分けて考えます。

  • ローカード(2から6まで): +1の値を与えます。
  • ミドルカード(7から9まで): 0の値を与えます。
  • ハイカード(10からエースまで): -1の値を与えます。

配られたカードを-1,0,+1で表して計算し、シューから配られるトランプの予測を立てるという方法です。

カウントを追跡することで、シューにハイカードが残っているか、ローカードが残っているかを把握することができます。この情報を利用して、次の賭け金の額やバンカーかプレイヤーに賭けるかを判断することができます。

カウントがプラスになった場合、シューにハイカードが残っている可能性が高いため、賭け金を増やすことができます。逆に、カウントがマイナスになった場合は、シューにローカードが残っている可能性が高いため、賭け金を減らすか、一時的に賭けを控えることができます。

気をつけて!バカラ 必勝法・攻略法の落とし穴とは?

バカラは、カジノゲームの中でも人気のあるゲームであり、多くのプレイヤーが勝利を目指して様々な必勝法や攻略法を模索しています。しかし、必勝法や攻略法にはいくつかの落とし穴や注意点が存在します。バカラ必勝法・攻略法を実践する上での注意点をご紹介します。

損切り額を決めないと泥沼にハマる?

損切り額を決めないことが引き起こす落とし穴について考えてみましょう。今回ご紹介した必勝法の中にも、連勝を狙うために賭け金を増やしていく戦略があります。しかし、連敗が続いた場合には大きな損失を被る可能性があります。損切り額を決めずに何度も賭け金を増やしてしまうと、思わぬ泥沼にハマってしまうことがあります。

また、バカラは運に左右される要素が強いため、連敗が続くことも珍しくありません。損切り額を決めずにプレイを続けると、資金が枯渇する可能性があります。十分な資金を確保せずにプレイを行うと、短期間で財政的な困難に陥ることにもつながりかねません。

バカラ 必勝法・攻略法は戦略的にルール通りに使う!

バカラには確実な勝利を約束する必勝法は存在しませんが、戦略的なアプローチとルールに基づいたプレイは、プレイヤーに有利な状況を作り出すことができます。必勝法、攻略法のルール通りに行うと、勝率を高めることができるので、勉強してから勝負に挑みましょう。