eスポーツのブックメーカー選びと賭け方ガイド

最近日本でもかなりバズっているeスポーツですが、今後はオリンピックの競技としてもメジャーになっていくことが予想されています。臨場感あふれる雰囲気でプロのゲーマーが大会で戦う様子を見ているだけでも、ワクワクしますよね。ここに乗っかったのが、eスポーツのブックメーカーです。普通のスポーツのようにベットして、どちらのプレイヤーが勝つのか予測します。ただ、どのブックメーカーを選んだらいいのか、どうやってベットしたらいいか正直、わからないベッターも多いと思います。そこでこの記事では、eスポーツ用のブックメーカーの選び方とベット方法についてしっかり紹介していきます。

eスポーツ ブックメーカー おすすめ一覧

順位オンカジ名 & ロゴボーナス長所と短所決済方法CTAもっと見る利用規約
1
コニベット
主なボーナス
20ドル入金不要ボーナス
コニたんマジ天使+毎週土曜日キャッシュバック等
  • 入金不要ボーナスが20ドル
  • 24時間日本語対応のカスタマーサポート
  • 出金スピードが遅い
クレジットカードPayzペイズ(旧エコペイズ)iWallet(アイウォレット)ベガウォレットビットコイン(Bitcoin)スティックペイタイガーペイ銀行送金レビューを読む《 ご利用条件 》

入金不要ボーナスの出金条件:5倍、有効期限:なし

2
遊雅堂(ゆうがどう)
主なボーナス
3,000円入金不要ボーナス
最大100,000円+10日間スピンクレジット等
  • 入金不要ボーナスが3000円
  • 運営実績があり、サービスの質が高い(有名なベラジョンカジノやインターカジノの姉妹サイト)
  • 操作をしたときのレスポンスが悪い
クレジットカードPayzペイズ(旧エコペイズ)ビットコイン(Bitcoin)MuchBetter(マッチベター)Sumo Pay(相撲ペイ)Jeton Walletベガウォレット銀行送金レビューを読む《 ご利用条件 》

入金不要ボーナスの出金条件:ボーナス額の20倍、有効期限:30日間。
入金ボーナスの出金条件:ボーナス額の20倍、有効期限:30日間。
10日間お試しスピンクレジット(フリースピン)の出金条件:20倍、有効期限:48時間。

3
ボンズカジノ
主なボーナス
45ドル入金不要ボーナス(🎁ボーナスコード:sohobons)
最大200,000円+ライブディーラーバウチャー等
  • 当サイト限定の入金不要ボーナスが45ドル( プロモーションコード「sohobons」)
  • 日本語のカスタマーサポートが年中無休
  • 登録方法が分かりにくい
クレジットカードPayzペイズ(旧エコペイズ)iWallet(アイウォレット)ビットコイン(Bitcoin)スティックペイMuchBetter(マッチベター)タイガーペイベガウォレット銀行送金レビューを読む《 ご利用条件 》

入金不要ボーナスの出金条件:30倍、有効期限:72時間。

入金不要ボーナスのボーナスコード:sohobons
入金ボーナスの出金条件:ボーナス額の20-25倍、有効期限:30日間。
フリースピンの出金条件:20倍、有効期限:当日中。

4
1xBet
主なボーナス
【The Soho限定】最大450€
期間限定ボーナスなど多種多様
  • 当サイト限定、最大450€のウエルカムボーナス(プロモーションコード「THESOHO」)
  • スポーツベットとオンラインカジノの両方が楽しめる
  • 入金不要ボーナスがない
クレジットカードPayzペイズ(旧エコペイズ)iWallet(アイウォレット)スティックペイビットコイン(Bitcoin)銀行送金レビューを読む《 ご利用条件 》

【ウェルカムボーナス】
・現金の出金条件:35倍、有効期限:7日。
・フリースピンの出金条件:35倍、有効期限:7日。

5
カジノエックス
主なボーナス
25回入金不要フリースピン(🎁ボーナスコード;THESOHO)
最大20万円 + 200FS+25FS
  • 当サイト限定のBook Of Dead / ブック・オブ・デッド専用のフリースピン25回の入金不要ボーナスを受け取ることができる(プロモコード「THESOHO」)
  • 日本語対応のカスタマーサポートで、メールとチャットの両方に対応。
  • 出金トラブルの前例がある。(クレジットカードでの入金だったことが原因で出金できなかったなど)
クレジットカードPayzペイズ(旧エコペイズ)iWallet(アイウォレット)ビットコイン(Bitcoin)レビューを読む《 ご利用条件 》

入金不要ボーナス(フリースピン)の出金条件:30倍、有効期限:獲得から30時間。

入金不要ボーナスのボーナスコード:THESOHO
入金ボーナスの出金条件:入金額+ボーナス額の20-35倍、有効期限:獲得から30日間。

6
トラストダイス
主なボーナス
最大3BTC/150ETH/30,000USDT + フリースピン25回分
入金不要ボーナス : 100サトシ
  • 入金不要ボーナス : 100サトシあり!
  • 信頼のキュラソーライセンス!
  • 法定通貨プレイヤー向けではない。
ビットコイン(Bitcoin)スティックペイレビューを読む《 ご利用条件 》

入金不要ボーナス: 出金条件40倍、最低入金額 なし、有効期限 7日間

初回入金ボーナス:出金条件40倍、最低入金額 1,000JPY/10EUR/0.0003 BTC、有効期限 7日間

7
スポーツベットアイオー
主なボーナス
提供なし
クラブハウスに入会できる!
  • 競馬の賭け定評あり!
  • クラブハウスロイヤリティあり!
  • ボーナスがない。
ビットコイン(Bitcoin)銀行送金レビューを読む《 ご利用条件 》

該当なし

8
ビーベット
主なボーナス
最大500ドル
30ドルの入金不要ボーナス
  • カジノとスポーツベットの両方に対応している!
  • Breaking downに賭けられる!
  • どちらかというとスポーツベット寄り。
クレジットカードMuchBetter(マッチベター)ビットコイン(Bitcoin)銀行送金レビューを読む《 ご利用条件 》

【入金不要ボーナス】

出金条件12倍、有効期限10日以内

ボーナスコードはスポーツ用: SPORTS30、カジノ用:CASINO30

【スロット限定初回入金キャンペーン】

出金条件10倍、有効期限14日以内

ボーナスコード:100WIN

9
ステークカジノ
主なボーナス
200%還元入金ボーナス
最大2,000ドル入金ボーナス
  • 本人確認不要で始めることができる
  • 仮想通貨をベットできる
  • 入金不要ボーナスなし
ビットコイン(Bitcoin)レビューを読む《 ご利用条件 》

出金条件なし ※入金不要ボーナス、ウェルカムボーナスなし

10
コンクエスタドールカジノ
主なボーナス
最大250,000円
フリースピン20回分(ブックオブデッド内)
  • 決済手段の種類が多い!
  • カスタマーサポートが24時間営業!
  • キャッシュバック無し
クレジットカードPayzペイズ(旧エコペイズ)MuchBetter(マッチベター)iWallet(アイウォレット)Jeton Walletスティックペイタイガーペイベガウォレット銀行送金レビューを読む《 ご利用条件 》

ボーナスの出金条件は10~30倍、有効期限3日〜30日間

eスポーツブックメーカーの評価基準

では早速、eスポーツのブックメーカーを選ぶ際の評価基準を確認していきましょう。

  • オッズ:競技の結果に対するペイアウト率が高いブックメーカーを選びましょう。意外とブックメーカーによってオッズが違うことがあります。
  • ライブベッティングのオプション:試合が進行中でもベットできるかどうかで、eスポーツのベット方法や戦略が変わってきます。
  • ボーナスオファー:新規登録者や登録済みのベッターがもらえるボーナスやプロモーションの質をチェックしましょう。新規登録者は入金不要ボーナスや入金ボーナス、登録済みのベッターはキャッシュバックやリロードボーナスなどです。
  • ベッターの評判:他のベッターのレビューや評価を参考にすると良いでしょう。基本はSNSから確認していきます。
  • カスタマーサポート:問題が発生した際にすぐに対応してくれるサポートがあるかチェック。本格的に使い始める前に一度問い合わせをしてみましょう

もちろんライセンスがあることはいうまでもありません。上記の評価基準をしっかり確認していれば「悪徳ブックメーカーに騙された・・・」なんてことにはなりません。補足として、初心者ベッターは日本語でカスタマーサポートに問い合わせてみることをおすすめします。日本語対応の上、親切で応答時間が早いと高品質のカスタマーサポートと言えます。

eスポーツベッティング初心者におすすめなブックメーカー3選!

eスポーツベッティングを始めてみたいけど、「ぶっちゃけどこから始めればいいのかわからない・・・」というベッターは、今から紹介するブックメーカーだと間違いないです。使いやすさ、信頼性、高オッズがあるブックメーカーを選ぶことが重要ポイント。下記の3つのブックメーカーはこうしたが基準をクリアしているので、特に初心者におすすめです。

1位: コニベット

コニベットは2021年3月19日にスポーツベッティングが復活。オンカジではある程度知名度があったので、知っているベッターも多いと思います。日本のプロ野球やメジャーリーグ、サッカーJリーグや大相撲、さらには格闘のRIZINにもベットできる超人気ブックメーカー。もちろん、その他のスポーツにもベットできます。新規登録者には入金不要ボーナスもあるので初めて登録するのに迷ったら、ベッター数から見てもコニベットでいいでしょう。

2位: 遊雅堂

遊雅堂はベラジョングループですが、ベラジョングループの中でも唯一スポーツベットOK。遊雅堂はボーナスがとにかく多いのが特徴です。例えば、初回スポーツベットで3,000円分のフリーベット、平日野球の試合にベットで10%キャッシュバック、無料参加で毎週25万円が当たるチャンスなどです。個人的には10%キャッシュバックはかなり激アツだと思います。ベット対象は野球やサッカー、競馬などもOKです。 

3位: ボンズカジノ

ボンズカジノも知名度が高いので、知っているベッターも多いのではないでしょうか?サッカー・野球などの人気スポーツだけでなくF1や格闘技などのマイナースポーツにも対応し、リベート&キャッシュバックなどもあります。また、ストリーミング機能があるので、スポーツを見ながら臨場感の高い状態でベットすることもOK。

eスポーツ人気競技と主要タイトル

eスポーツをこれから勉強していきたいベッターはこれから紹介する競技を確認しておくとまず間違いないと思います。例えば、MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)、FPS(ファーストパーソンシューティング)、RTS(リアルタイムストラテジー)など、プレイヤーの技術と戦略がしっかり試されるタイトルが多いです。それでは、早速見ていきましょう。

CS:GO(Counter-Strike: Global Offensive)

「カウンターストライク:グローバルオフェンシブ」(略称:『CS:GO』)はただのゲームではありません。2つのチームがテロリストと対テロ特殊部隊に分かれて戦うFPSゲーム。説明を聞くだけでもワクワクしますね。チーム戦なので、仲間としっかり連携しながらプレイします。世界中で開催されるDreamHackでは「CS: GO」大会も開かれます。2023年4月28日には、歴代最高の同時接続数181万8773人を記録したことでSNSでバズっていたほど。Youtubeを検索したらすぐに出てくるので、どんなゲームか確認してみましょう。

League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)

ド定番のゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」は海外でのサービス開始から15周年以上が経過しました。ちなみに、日本サーバーが設立されたのは2016年です。世界中で最も人気のあるMOBAゲームの一つ。プレイヤーは140体以上のチャンピオンから選び、5対5のチームで戦います。各チャンピオンのスキルだけじゃなく、チーム戦略もしっかり絡んできます。レベルを上げてアイテムを買っていくRPGと、スキルやテクニックを合わせたアクション、戦略的なリアルタイムストラテジーが融合したゲームです。

Dota 2

Dota2は10人のプレイヤーが5対5のチームに分かれて戦うチーム対戦型ゲーム。MOBAゲームでプレイヤーは100体以上のヒーローから選んで、敵の本拠地を破壊します。先ほど紹介したリーグ・オブ・レジェンドとDota2の違いについて書いているブログもあるくらい、似た要素があります。どれほど盛り上がっているかというと、世界大会も開催されています。その優勝賞金は約20億円以上も・・・高額な賞金がかけられた国際大会「The International」なども開催されています。

Starcraft 2

Starcraft 2(スタークラフト2)は世界で一番売れた名作ゲームです。リアルタイムでゲーム内の時間が進行し、戦略を立てて相手を倒すというゲームジャンル。きっと世界的にバズった理由はテーマでしょう。宇宙を舞台にしたRTSゲームで、3つの違った種族が銀河系の支配をかけて戦います。ガンダムみたいなキャラがかっこよくて、プレイしていてもワクワクします。2017年から無料でプレイできるようになりました。

ブックメーカーでのeスポーツの賭け方

ブックメーカーでのeスポーツへの賭け方にはいろいろありますが、最初は基本的な賭け方を理解しておくといいと思います。徐々に複雑な戦略も立てれるようになってくるので、それに伴いどんどんeスポーツベッティングを楽しめるようになってくるでしょう。それでは基本的な5つの賭け方を紹介します。

勝敗予想

シンプルにどちらのチームが勝つかを予想する勝敗予想です。中上級者になっても使えるので最初にマスターしておきましょう。引き分けが含まれることは少なく、基本的にはどちらかのチームが勝利するかを予想します。裏読みせず、確率論でコツコツ勝っていくことが重要です。

マップ勝者

特にシリーズ形式で行われる試合では、1戦ごとの勝敗を予想する「マップ勝者」の賭けができます。全体の勝敗だけでなく、各ゲームの結果にも注目することができます。

オーバー/アンダーオッズ

試合のスコアがある基準値を上回るか下回るかを予想するオーバー/アンダーオッズもあります。試合が高得点になるか低得点になるかを予想する時に使われます。例えば、勝つのは間違いないけど2点差で勝つ方にベットする、といった内容です。

ハンディキャップ

ハンディキャップベッティングは、スコアのハンデありの状態でスタートするので、最初から「-2対0」のような感じになります。強いチームは2点入れて初めて0対0になります。少し難易度が上がるので、配当も大きくなります。

戦略をしっかり立てる

eスポーツベッティングでやりがちなのは、好きなチームや有名なプレイヤーにベットしてしまうということです。「この選手知ってる!」となったらついついベットしたくなりますが、各チームの過去の成績、対戦履歴などをしっかり考えてベットしていきましょう。

上記の内容を理解してベットしていたら、「みるみるうちに資金が減った・・・」なんてことにはならないと思います。その他には最初に記載した通り、ブックメーカーによって若干オッズが違ってくるので、オッズをしっかり比較した上でブックメーカーを選択しましょう。

eスポーツ基本情報

ちょっと一息ついて、ここからeスポーツ基本情報について記載していきます。eスポーツはコンピューターゲームやビデオゲームを使った対戦をするスポーツ競技です。プレーヤーは個人またはチームで戦います。普通のスポーツと同じで、オンラインで世界中に配信されます。eスポーツはプレイヤーの技術だけじゃなく戦略、チームワークが必要で、まさしく競技として成立します。

eスポーツとは?

eスポーツはのeが気になる方もいると思いますが、「エレクトロニック・スポーツ」の略です。競技性、娯楽性、観戦性があるデジタルスポーツとして有名です。プロゲーマーと呼ばれるプレーヤーが大会に出場するのでスポンサーや観客なども多く、一大スポーツに成長しました。eスポーツの大会は世界中で開催され、億単位の賞金がかけられることもあります。

eスポーツの高額賞金大会

eスポーツの大会では超高額な賞金も・・・。例えば、「Dota 2」の「The International」では、賞金総額が約415億円でした。これを聞いて、プロゲーマーに転職する方も増えたとか。また、「Fortnite World Cup」では、賞金総額が約204億円。16歳の少年が約3億円をゲットしたことでバズっていました。eスポーツはゲームを超えた完全な文化になりつつあることがわかると思います。

ブックメーカーでのeスポーツベッティングの合法性

やはり気になるのがブックメーカーを使ったeスポーツへのベットでしょう。多くの国で合法ですが、日本を含む一部の国ではグレーです。日本では基本、公営ギャンブル以外違法です。ただ、日本の法律では海外ブックメーカーを取り締まることはできないので、実質グレーといったところです。なので、日本初のブックメーカーなどはありません。今回紹介したブックメーカーはライセンスを取得しているので、世界では合法的に運営されているのでそこは安心してください。

eスポーツがオリンピック競技に?

正直、eスポーツがオリンピック競技になる可能性はかなり高いです。実際に、国際オリンピック委員会(IOC)主催のeスポーツ大会が開かれているので、秒読み段階ではないでしょうか?実際にいつ実現するかは分かりませんが、ファンの間では2028年のロサンゼルスオリンピックから採用されるのではないかと噂されています。

eスポーツブックメーカーに関するよくある質問

最後に、eスポーツブックメーカーに関するよくある質問にお答えしていきます。

おすすめのeスポーツブックメーカーは?

おすすめのeスポーツブックメーカーには、Betwayカジ旅ピナクルがあります。特にピナクルは高オッズで有名なeスポーツブックメーカーです。オッズがいいということは、利益に直結するからです。 

初心者におすすめのeスポーツブックメーカーは?

初心者には、今回紹介したコニベット、遊雅堂、ボンズカジノが特におすすめです。日本語に対応していたり、日本人ユーザーが多いので評判をチェックできます。また、登録から初めてのベットまでシンプルなので、初心者ベッターでも使いやすいと思います。

賭け可能なeスポーツ競技は?

LOL(リーグオブレジェンド)ValorantCS:GODota2King of GloryFortniteなどがあります。世界中で人気のあるタイトルで、多くのブックメーカーでベットOKです。 

eスポーツの賭け方は?

eスポーツの賭け方には「試合の勝敗予想、マップ勝者、オーバー/アンダーオッズ、ハンディキャップ」などがあります。

eスポーツがオリンピック競技になるのは本当?

eスポーツがオリンピック競技になる可能性は高いです。国際オリンピック委員会(IOC)主催のeスポーツ大会はすでに始まっていて、2028年のロサンゼルスオリンピックに採用されるかもと噂されています。